スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス人が大学民営化を拒む理由

日本人が居酒屋で「とりあえずビールで」って言うけど、居酒屋のないフランスでは
「とりあえずストライキやるか」っていうのが中年の人たちの口癖。
そんなこんなで大学までストライキやりまくって授業やらない始末。
フランスはインフラ系でもストライキ余裕です^p^っていう国だから微妙に怖いよな。

日本でフランス語の先生をやっているフランス人のおっさんと話す機会があって
「なぜフランス人は大学民営化にあんなに反対しているんですかね?」って聞いてみた。
要点をまとめると「家庭の経済的な理由が原因で、受けられる教育に差が出るのは不平等だ。
子どもは生まれてくる家庭を選ぶことはできない。もし民営化したら授業料が高くなって日本みたいに
バイトしながら学生生活をする生徒が増えて、忙しくて勉強しない生徒が増えてしまう。」といった感じ。
んーまぁ確かにそうだな。バイトしてない大学生ってのも珍しいってくらいみんながバイトしてるのは事実だな。
そしてバイトが忙しくて全然宿題やってこない生徒とか、授業中眠くて先生の話を聞いてられない人もたくさんいる。
なるほど、一理あるな。

でもこれって日本人の価値観とはちょっと違うような気がしないかな、と思うんだがどうかな。
フランス人の考え方によると、この発言の裏を返せば「金のない家庭に子供が生まれることに関して、
親に責任はない。もし子どもが家庭の経済的な理由で損をするならそれはそういうシステムの社会が悪い」っていうことだろ?
日本人なら、「自分の子供に経済的な理由で不自由な思いをさせたくない」っていう風に考えると思うんだけどどうだろう。
いや別に日本人にアンケートとりまくって集計したわけじゃないからわからないけど、少なくとも私はそう思うんだな。
子供をのびのびと育てられる金がないのに子供生むのは、自分にも負担になるし子供にとってもいいことではない。
つまりみんなが苦労するわけだ。だったらお金が貯まるまで子供を生まないでおくのが自然な考えだよな。
これが日本の少子化の原因のひとつになってるのかもしれないけど、まぁ今回は少子化問題は論点じゃないから
スルーしておく。

さてさて、では私は何をみんなと議論したいかというとだね、「お金がなくて不自由するのは誰の責任か」ってことだね。
給料が少ないのに子供を生む親の責任なのか、生きるのにお金が必要な社会のせいか。

これって要するに、フランスは社会主義的なシステムが色濃く残ってて、
日本はやっぱり資本主義マンセー!な国っていうことの表れだよね。
そりゃあどっちがいいかって言われたらどっちもどっちだと思うけど、うーん…

↓クリックしてくれたら嬉しいお(´・ω・`)
にほんブログ村
FC2ブログランキング
人気ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

フランス女「婚活?フランスでは皆自立してるし結婚なんて制度はいらね」

「コンカツ」にハテナ顔? フランス女の愛と自由

恋も仕事も子育てもスマートにこなし、加齢による目尻のシワさえも美しくみえるフランス人女性。
日本でも、ファッションやライフスタイルのお手本として毎月のように女性誌に取り上げられていると言っても過言ではない。
その魅力は一体何なのか? 日本人女性とフランス人女性の違いについて考えてみた。
フランス人男性と結婚して、現在パリで生活しているトモミさん(34歳)は、過去の自分についてこう振り返る。

「日本で22歳から約10年間、アパレル業界でバリバリ仕事していました。その頃は、いつか独立してマンションを買って、独身を貫こうと思っていました。

小休憩のつもりでフランスへ留学した。そして、現地で今のご主人と出会い、結婚。トモミさんがフランスに移り住んで感じた、日本とのライフスタイルの違いについて伺った。

「フランスに来て感じたことは、女性の独立心がとても強いこと。結婚や子育てにおいて、国の制度がきちんとしていることです。こちらでは、
結婚しなくても男女が一緒に住み、女性は仕事を持ち、子どもがいるケースが非常に多いです。主人の友人たちのなかでも、子どもがいて正式に結婚しているのは、3組に1組くらいです」

フランス人女性のソフィーさん(41歳)は「フランスでも専業主婦が多い時代がありました。しかし、次第に女性たちは慣習に捕われない考えをもって人生を選択し始めました。
私自身、ボーヴォワールのセンセーショナルな作品の影響かもしれません。今は結婚していようが、独身だろうが、フランスでは偏見を感じることはありません。
女性は仕事と子供どちらをとるかという考えもありません。日本で流行っている“コンカツ”の意味がわからない。フランスでは愛と結婚は別。結婚しなくても幸福に生きられる。
実際、離婚も多い。とにかく、私たちは“自由”な生き方、多様な選択ができます」

年齢を重ねてもフランス女の目尻のシワが美しいと感じるのは、恐れを知らない“自立した女”という意識が心の底にしっかりと根付いているからかもしれない。
独女のみなさん、コンカツに疲れたら一歩立ち止まって、自分という存在と自由な選択について考えてみるのもいいかもしれない。
http://news.livedoor.com/article/detail/4687291/
(オフィスエムツー・独女通信)

この記事を見て、「へー、フランスすげーな!」なんて思ったらいけない。
メディアにだまされちゃってるぜ。ましてやフランスだぜ。フランス人だぜ。

まずフランス人が結婚しない理由はいくつかあるんだが、まず第一に結婚の申請がすげーめんどくさいらしい。私は独身だから詳しくはしらないけど、それでもだいたい予想くらいはつくんだぜ。役所がやってる時間に役所行くのだけでめんどくさいのに、フランス人は何より仕事が嫌いだから手際が悪い。機械が壊れただの書類が足りないだのなんだの言われるのは珍しくない。まぁそれはフランスに行けばよくわかると思うんだが。

それともう一つ。フランス人は日本人みたいに「いい人と付き合う」っていう考えじゃない。「付き合ってみていい人か考える」ってのが普通。「結婚してみました。いやになりました。知らなかったので私のせいじゃないですしゃーないです^^」がまかり通る国なわけよ。

あと、リンクから飛んでこの記事の全文を見てほしい。
フランス人女性のソフィーさん(41歳)は「フランスでも専業主婦が多い時代がありました。しかし、次第に女性たちは慣習に捕われない考えをもって人生を選択し始めました。って書いてあるだろ?この「慣習にとらわれない」って具体的に何だと思う?それは自分の子どもを移民や大学生のバイトに預けて仕事にいくってことだよ。日本人には無理だね。これは自由を大切にするとかしないかって問題じゃなくてむしろ性格の問題だ。そりゃあ、移民や大学生のバイトなら子どもを預けても大してお金もかからないわな。でも同じことを日本人ができると思う?外国人や大学生に自分の子どもを預けて仕事に行けるか?行けないよな、普通。だから預けるとしたらちゃんと整備されている保育所とかになる。でもそれじゃ金がかかる。だから日本人は家で子どもの面倒を自分でみるしかないわけよ。

あとここ見てここ。
「結婚しなくても幸福に生きられる。実際、離婚も多い。とにかく、私たちは“自由”な生き方、多様な選択ができます」
たしかに「結婚=愛ではない」ってのは賛成だ。愛してるから結婚しなくちゃならないとか、経済婚はいけないだとか私は言わないよ。ただ「離婚多いんだから結婚しても意味ないんだぜ」ってのは違うだろ。少なくともそれを誇らしげに言っちゃってるのはおかしい。これって「自分も結婚したってもしかしたら離婚しちゃうだろうから最初からしないんだぜ」って言ってるように聞こえるんだが、どう思う?

要するに私が言いたいのはね、フランス人は、いつまでも子どもみたいに「知らなかったからしょうがない、私のせいじゃない」って言うのをやめろって。おまえらは日本の政治家か。もう少しよく考えてから行動して、そして自分の決定したことには責任を持て。誰かに結婚しろって言われたわけじゃないだろ。自分で結婚したくてしたんだろ。でもこうなるとは思わなかったとか、相手が悪いとか言ってるんじゃねーって。
そりゃあ自由って言えば聞こえがいいよ。でもこれは自由じゃねーと思うんだ。自分の行動に責任をもたないってのが自由だって言うのかい?少なくとも私にとっての自由ってのは、自分で自分の望む選択を、自己責任でとれるってことだよ。
何が「おそれを知らない自立した女」だよ。「責任をとらない勝手な女」だろ。

そんなフランス人の生き方を見習おうってのは、なんかおかしすぎるんじゃねーのかな。

↓クリックしてくれたら嬉しいお(´・ω・`)
にほんブログ村
FC2ブログランキング
人気ブログランキング

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

スポンサードリンク
プロフィール

Drosveller

Author:Drosveller
パリにいるジョジョオタだッ!パリからのつまんねー情報をフランスクオリティで毎日お届け!きもいくさい死ねなどの非難罵倒などありましたらぜひコメント欄にご自由にお書き下さい。泣きながら読みます。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。